射出成形という技術が気になる

切削加工の種類を理解する

切削加工をする場合、単刃工具と多刃工具を使います。違いは字を見てもわかるように刃が一枚かそれとも複数かという事です。加工の種類は三つあり、旋削加工とフライス加工、そして穴あけ加工になり、作りたいものに応じて道具ややり方が変わってきます。旋削加工は、加工したい素材を機械で回転させて、そこに道具をあてて加工させることです。

単刃工具を使うことが多く、丸い素材を加工することが多いのが特徴です。イメージとしてはボルトやネジなどがわかりやすいと言えるでしょう。フライス加工は旋削加工とは異なり、四角い素材を加工していきます。そして、使うのは多刃工具で複雑なものを作ることが出来ます。

複雑な部品を作る場合、一か所でも間違えるとやり直しになるので神経を使うのです切削加工の三つ目の種類は穴あけ加工ですが、ドリルで素材に穴を開けます。ボール盤、ドリル、リーマという工具が使われ多刃工具が使われます。それぞれの工具の目的が違うので理解して使用することが大切です。このように切削加工には三種類の方法があり、それぞれに多くの道具があります。

それで作りたいものに応じて適切な道具を見極めて使うことが大事であることがわかります。道具の使い方と特徴を理解するまでに時間がかかりますが、覚えてしまえば後は腕を上げるだけです。日々練習とも言えますが、繰り返し行うことで正確に切り出しや加工が出来るようになります。大事なのはあきらめないで行うことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です