射出成形という技術が気になる

工業製品を作るときに欠かせない切削加工とは

様々な工業製品が身の回りにあふれている現代では、それらがどのようにして作られてきたかというのはあまり関心が持たれないものです。しかし正しい知識を持つことは仕組みを知ると言う上で有意義なことですし、考え方を持つことによって別の面で役に立つこともあります。工業製品の加工で、よく行われている方法の途中に切削加工と呼ばれるものがあります。切削加工とは切り削るということで、金属はもちろん木材やプラスチックなどあらゆる部品を作る時に行われているものです。

切削加工に使われている方法としては工作物を回転させることによって、バイトやドリルなどを押し当てて削っていくことや、またドリル自体を回転させ工作物を固定し工作物を動かせることにより様々な形に加工するといったことなどが行われています。ドリルは比較的周りで見かけることができる多くの一つですが、バイトは先端に切り刃を設けたもので金属加工の場合には工作物よりも硬い物質を使うことによって削りとる仕組みです。切削加工を行うときの注意点としては削ることにより熱を持つということで、特に金属の場合には高温になるためそれが工作不良になります。このため状況に応じて、潤滑を兼ねて油を使って冷却しながら作業を行う必要があります。

切削加工とは身近に行われている作業ですが、適切な方法で行うことが不良品を作らないためには欠かせないもので正しい知識をもって作業を行うことが求められるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です