射出成形という技術が気になる

古くから行われる加工技術、切削加工とは

切削加工とは機械を使用し金属や樹脂などの対象物を削る加工方法のことをいいます。作りたい形状にするために材料の不要な部分を削って成形します。日本では古くから行われている加工技術の一つで、切削加工のメリットは加工精度が高く多種多様な形や複雑な形状のものが作れること、金型が必要ないため金型を作る際にかかる時間やコストを削減することなどが挙げられます。切削加工の一つにマシニング加工と呼ばれるものがあります。

マシニング加工とは製造現場では広く普及しているマシニングセンタという機械を使って材料を切削する加工です。切削加工の種類は大きく3種類に分けられており、機械で回転させた素材に工具を当てて削る旋盤加工(旋削加工)、旋削加工とは反対に刃の方を回転さるフライス加工(ミーリング)、工具を回転させて穴を開ける穴あけ加工(ドリリング)があります。切削加工に使用される工具は主に、ボール盤で使用するドリル・旋盤や形削り盤で使用されるバイト・フライス盤で使用されるフライス・エンドミル・リーマー・タップなど、種類が多く様々な用途に対応します。切削工具の材料は素材以上の硬さが必要とされており、鋼・ダイヤモンド・セラッミックス・超硬合金などが使われています。

この工具を工作機械に取り付けて加工していくのです。そして出来上がったものは自動車や船、電化製品や機械など身の回りのあらゆるものの部品として使用され暮らしを支えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です