敬老の日に避けたほうがいいプレゼントはこんなにある

敬老の日に送ると喜ばれると思って贈ったら、思ったよりも喜ばれず、却って怒られてしまったというエピソードは実は少なくありません。

高齢者の中には縁起やしきたりを非常に重んじる人も多いため、縁起やしきたりを重んじる人に向けたプレゼントを贈るときには注意をしましょう。

特別な敬老の日に関連した書きかけ項目です。

例えば下着や靴下などは贈る相手に対して下に見ていると考えさせる地域があるため、贈らないほうが無難です。
贈る相手に不快な思いをさせないよう、本人からのリクエストがない限り決して贈らないようにしてください。

似たような意味でハンカチも贈るのを避けたほうが無難です。



ハンカチは別れや縁切りを想定させるプレゼントであるため、敬老の日には贈ることは避けてください。


なお、介護施設の中でも健康で活発に動いている人なら問題ありませんが、介護医療院にいてあまり自由に動けない相手には、鉢植えを避けたほうが安全といえます。


鉢植えは入院患者には根付くという言葉を想起させるため、贈ってはいけない物です。



同様にリクエストがなければ寝具やパジャマも避けたほうがいいでしょう。


寝たきりを連想する人が多いため、できる限り贈らないようにしてください。


もちろん敬老の日以外で、相手の希望があれば問題ありません。


高齢者はとてもデリケートであるため、最低限不快に思われないようなプレゼントを贈ることは、敬老の日において重要なポイントです。
できるだけ相手が喜ぶものを贈るようにすることが、重要といえます。